日常のお手入れ

玄関ホール

砂やほこりは掃き掃除を。

2 階以上の住戸玄関ホールへの水まき(階下に漏れます)

玄関ホール

室内建具

●樹脂シート貼り建具・アルミ製建具
普段は乾拭き。汚れがひどい場合は中性洗剤で拭いてください。建具の両側の湿度差が大きいと建具が反る場合がありますので、両面に通風を当てるようにしてください。

暖房機や加湿器の温風や蒸気を直接当てる(反りの原因になります)

●襖紙
水拭きできないので、普段からまめにハタキがけしてください。汚れがひどい場合は消しゴムがけしてください。

●建具金物
レバーハンドルや引手は、開閉のたびに触るので汚れがつきやすく塗装が傷みやすい部分です。普通は水拭き、汚れのひどい場合は中性洗剤で拭き、時々家具用ワックスをかけると汚れの付着を防げます。

室内建具

開き戸の調整

扉ががたついたり、枠にこすったり、建付けが悪くなると、開閉しにくいだけでなく扉がはずれる危険もありますので、丁番や戸車の調整をしてください。

●室内ドア

① ドライバーで取付ネジの緩みを直してください。
ドライバーでネジがしまらず、ネジ穴がだめになっている場合は割り箸などを削り、接着剤をつけて埋木します。乾いたらカッターなどで、出ている部分を切り落とします。

開き戸の調整

② がたつきやこすれの状況によって、2方向調整丁番でドアの位置を調整します。調整方法は下記をご参照ください。このとき、ドアの重量が分散されるよう、1枚のドアに付いている丁番は、すべて同じように調整してください。

開き戸の調整

③ ラッチ受けの位置を調整します。ドライバーでネジを回すと中のボックスが左右に動き、調整できます。

開き戸の調整

引戸タイプの調整

引戸の上レール部分にゴミや異物が挟まっている場合は、取り除いてください。それでも建付けが直らない場合は、引戸の上部の側面に戸車の調整ネジが戸の両側にあるので、こする場所や戸の傾きなどに合わせて調整してください。

●引戸
扉が傾いている場合は、上下調整ネジを回すと扉が上下します。

※ 左右調整ネジを回すと、引戸が溝の左右に寄ります。 引戸が壁面や戸袋をこする場合は、このネジで調整してください。

引戸タイプの調整

●スクリーンパーティション
図のように戸当たりゴムをめくり、ネジを回して建具の上下調整をします。調整後は戸当たりゴムを元に戻してください。

引戸タイプの調整

●アルミ襖(押入用)
① ドライバーで襖下部の調整ネジを回してください。
② 襖下部の調整ツマミを回してください。

引戸タイプの調整

キッチン

●キャビネット
普段はお湯拭きで。油汚れなどは中性洗剤をつけた布で拭き取った後、水拭きしてください。

アルコール・シンナー・ベンジン類

扉の建付けが合わないときは…
扉のスライド丁番には、建付調整機能がついています。

キッチンについて

前後調整
扉を取り付けた後Bをゆるめて前後調整し、しめ直します。

キッチンについて

左右調整
Bの固定ネジをしめたままAを回して、左右調整をします。

キッチンについて

上下調整
Cをゆるめて扉ごと上下調整した後、しめ直します。

キッチンについて

●ワークトップ・シンク
中性洗剤をスポンジにつけて磨いてからお湯で洗い流し、水分を拭き取っておくと、美しいツヤが長持ちします。

シンナー類、金属タワシ(キズやもらいサビの原因)、熱い鍋やヤカンを直接置く(変色の原因)、熱い油を流す

●ガスコンロ
トッププレート・ゴトク・グリル・排気口カバーの汚れは、放置すると非常に除去しづらくなりますので、こまめに中性洗剤で洗浄してください。
温度センサーの頭部や点火プラグ、炎検出部が汚れたり傾いたりすると、立ち消えや
着火不良の原因となりますので、やわらかい布やペーパーで汚れを拭いてください。
バーナーキャップの汚れの蓄積は、歯ブラシや竹串で除去しましょう。

キッチンについて

●換気扇
市販の換気扇用洗剤で、こまめに(約1~2ヶ月に1 度)お手入れするのがコツ。
レンジフードの角部でケガをしないよう、手袋をはめて行いましょう。

シンナー類・灯油・クレンザー、塩素系漂白剤・酸やアルカリ性の洗剤、電源を入れたままのお手入れ・電位部分への水の付着(感電の恐れがあります)

パーツの汚れは、中性洗剤で浸け置き洗い
フィルター・羽根・ファンなどのパーツは汚れがこびりつくと取るのが大変なので、時々取りはずし、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で浸け置き洗いをしましょう。

キッチンについて
お手入れの手順は…
  • ① 電源スイッチをOFFにします。
  • ② 換気扇の部品を分解します。換気扇の分解方法は、タイプによって異なります。必ず「取扱説明書」をご確認ください。
  • ③ シンクを一旦カラにして排水口に栓をし、中性洗剤を少量入れ、お湯をためます。
  • ④ 本体からはずしたフィルター・羽根・ファンを入れ、汚れがゆるむまで浸け置きを。
  • ⑤ 汚れがゆるんでからこすり洗いをすると、ラクに落ちます。細部は歯ブラシなどで洗ってください。
  • ⑥ 汚れを落とした後、洗剤が残らないように水洗いし、水気を取ってから取り付けましょう。
キッチンについて

●ガスゴム管
ゴム管の寿命は約3年。長い間使用しているとひび割れを起こし、ガス漏れの原因になります。事故を防ぐため、ガス漏れ警報器の取り付けをおすすめします。

ガス漏れを見つけるには…
ガスの元栓を閉めて、石けん水を筆か歯ブラシにつけてゴム管に塗ってみます。ホースをぎゅっと握りしめて、泡が出るときはガスが漏れている証拠。新しいホースに取り替えましょう。

キッチンについて

水まわり・バス・トイレ

●水栓金具

クレンザー・スチールタワシ、酸性洗剤、ハンドルの締めすぎ(パッキンを傷めます)

シングルレバーの水の出が悪いときは…
水栓金具の先に付いている吐水口キャップに、ゴミなどが詰まっているのが原因と考えられます。時々、吐水口キャップをはずして、網目に詰まったゴミを歯ブラシで取り除いてください。

水まわり・バス・トイレ

凍結を防ぐには…
夜間、水栓から少しずつ水を流しておくと(1分間に200cc、牛乳ビン1本程度)凍結を防げます。また、給湯器には凍結防止のための電気ヒーターが付いているので、厳寒期は電源を絶対に切らないでください。

水まわり・バス・トイレ

●ユニットバス
バス用洗剤をスポンジにつけて磨きます。定期的に、排水口の髪詰まりなども取り除きましょう。

クレンザー・タワシ、イオウ系入浴剤(変色の原因)、熱湯を直接注ぐ(ひび割れ・変色の原因)、ヘアピン・カミソリ刃の放置(ケガ・もらいサビの原因)

ユニットバスの目地にカビが生えてきたら…
バス用洗剤を吹き付け、歯ブラシで磨きます。ひどい汚れは、カビ取り剤などの塩素系漂白剤で。漂白剤をしみこませた布を貼っておく「しっぷ洗浄」も効果的ですが、貼った後はよく水洗いしましょう。
また、漂白剤は目地や金属部(サッシ、水栓など)を傷めるので、使用後は必ず洗い流してください。漂白剤を使うときは、必ず換気しながら行ってください。

●トイレ
普段はブラシで水洗いを。目立つ汚れはトイレ用洗剤を薄めて使用し、その後よく水洗いします。

ベンジン・シンナー類・殺虫剤・ウジ殺し(機能障害の原因)、強酸・アルカリ性洗剤(浄化槽を傷めます)、トイレットペーパー以外の異物を流す、便器の上に乗る、フタを強く閉める

水が流れないときは…
応急処置として、バケツに水を入れて流しましょう。ロータンク内の排水弁を動かす鎖が何かに引っかかっているか、切れているために排水弁が開かなくなったことが原因と考えられます。
ロータンクの中を調べ、鎖が切れていたらビニールひもか針金でつないでおき、早めに貸主(オーナーまたは管理会社)にご連絡ください。

水まわり・バス・トイレ

水が止まらないときは…
まず止水栓を閉めてから、貸主(オーナーまたは管理会社)までご連絡ください。

水まわり・バス・トイレ

●〈排水パイプ〉
Sトラップが樹脂製パイプの場合は、乾拭きを。金属パイプの場合は、乾拭きをして油性ワックスをかけましょう。また、わんトラップはこまめにわんを取りはずしてお手入れを。
日頃あまり使わない排水口では、トラップ内の封水が蒸発しやすいので、時々水を流してください。

水まわり・バス・トイレ

電気

●照明器具
カバーや球は堅く絞った雑巾で拭き取ります。汚れがひどい場合はカバーをはずして洗い、よく乾燥させてから取り付けましょう。
本体は水洗いできません。なお、ランプ交換は入居者ご自身で行い、必ずワット数に合ったものを使用してください(交換費用は入居者負担となり
ます)。

シンナー類・灯油・クレンザー、塩素系漂白剤・酸やアルカリ性の洗剤、電源を入れたままのお手入れ・電位部分への水の付着(感電の恐れがあります)

ユニットバスのランプの交換方法は…
ワット数を確認のうえ、前と同じものを用意してください。
また、ゴムパッキンは湿気をシャットアウトする役目があります。
はみ出しやねじれのないよう、忘れずに入れましょう。

  • ① 電源スイッチ(分電盤の浴室回路電源スイッチ)を必ずOFFにしてください。
  • ② グローブを左に回し、電球を取りはずします。
  • ③ 新しい電球を取り付け、スイッチを入れて点灯を確認します。
  • ④ グローブを元通りに取り付けます。
電気について
●分電盤

分電盤に付いている漏電遮断器は、漏電が起こるとすぐに電気を止める働きをします。
月に1度はテストし、正常に作動するか点検しましょう。

漏電遮断器の点検方法は…
  • ① テストボタンを押します。レバーが落ちて電気が切れたら正常です。
  • ② レバーを上げると再び電気が流れます。
  • ※ テストボタンを押しても漏電ブレーカのレバーが落ちず、家中の電気も切れない場合は漏電ブレーカが正常に作動していない可能性が高いのですぐに貸主(オーナーまたは管理会社)までご連絡ください。
電気について

外まわり

開け閉めが重いときは…
レールや戸車にゴミや異物が詰まっていれば取り除き、後から上レールの溝にシリコンスプレーを吹いておきましょう。下レールは空滑りするのでスプレーは吹かないでください。

外まわりについて

建付けが合わないときは…
戸車で建付け調整してください。サッシ縦框最下端の穴のプッシュボタンをはずし、ビスをドライバーで調整します。右に回すと戸車が下に動き、サッシが持ち上がります。

クレセントが固いときは…
クレセントを水平にし、スライド式カバーを上下に開いてビスをゆるめ、上下調整します。また、クレセント受けもビスで左右調整できます。クレセントがかかりにくいときは、ネジをゆるめて左右に動かしてください。

外まわりについて

●網戸
定期的にレール部分を掃除しましょう。時々は網戸をはずして水洗いを。

網戸がはずれやすいときは…
網戸側面にははずれ止めピースがついています。内側から、ドライバーで高さを調整してください

外まわりについて

●雨戸
定期的にレール部分を掃除しましょう。時々は水洗いを。

●玄関ドア
普段のお手入れは乾拭きで、ひどい汚れは少量の中性洗剤を薄めた水で雑巾を濡らし、拭いてください。

開閉がスムーズにいかないときは…
ドアクローザーや丁番の回転部分にシリコンスプレーを吹いておきましょう。また、夏と冬では油の粘度が異なるため、ドアの開閉スピードが違ってきます(夏は早く、冬は遅くなります)。夏と冬に速度調整を行ってください。

外まわりについて

鍵の抜き差しが重くなったら…
鍵穴に鉛筆の粉を入れるとスムーズになります。潤滑油などは、時間が経つと粘りが出て逆効果になりますので使わないでください。
専用のスプレーがありますので貸主(オーナーまたは管理会社)にお尋ねください。

●バルコニー
こまめに排水溝を掃除し、詰まりなどがないか点検しましょう。特に梅雨前や台風シーズン前には、必ず点検しておきましょう。

外まわりについて

●物干しフック
ロープを掛けて横方向に引っ張ると折れることがあります。必ず竿を使用しましょう。

ロープ掛け

共用部分

●廊下・階段
日頃から、目地や排水溝に異常がないか注意しましょう。アルミ手摺にサビや腐食がないかもチェックしてください。

●外壁・雨とい・浄化槽
外壁や雨といに異常を見つけたら、また浄化槽より異臭や異常音がしたら、
すぐに貸主(オーナーまたは管理会社)にご連絡ください。

海岸地や工場地帯にお住まいの場合

特に軒下の雨がかかりにくい部分は、建物の劣化を促進させる海塩粒子や窒素酸化物を含んだ塵埃が雨に洗い流されないため、蓄積されやすくなります。そのため定期的な点検や水洗いが必要になります。玄関ドア・サッシの外側やバルコニー手摺などの金属部は、定期的に水拭きを行ってください。